季節の特選

(6月~9月)


きれいな水の川にだけ棲み、石についている藻などを食べて育つ「鮎」。

あっさりと淡泊で、まるでスイカのような良い香りがあることから「香魚」とも呼ばれます。

6月になると鮎釣りが解禁されるため、初夏を代表する味覚と言われています。
自然豊かな川で旬にとれた鮎は、より香り高く、雑味の少ないすっきりとした味わいが魅力。
鮎は他の魚と違い臭みがほとんどなく、頭や内臓などもまるごと食べられます。

鮎の「旬」は、初夏から秋にかけて。

6月頃の鮎は「若鮎」と呼ばれ、骨も柔らかく独特の風味が楽しめます。

逆に、8月下旬以降に卵を持ち始めた鮎は「子持ち鮎」と呼ばれ、脂肪を多く含んでいます。
「初夏の鮎は香気を、晩夏の鮎は腹子を楽しむ」といわれる所以です。


 ぜひ日本の夏の味覚をご堪能ください。


天然あゆ料理
(要予約)
6,600円(税込)

郡上をはじめ、飛騨地方でとれた
天然のあゆを使ったフルコース

毎年、楽しみにして
ご来店いただくお客様もみえます。
ぜひ、お召し上がりください。

突き出し・一夜干し・刺身
赤煮・酢炊き・塩焼き
魚田・フライ・香の物
雑炊・デザート


あゆ料理
(要予約)
3,300円(税込)

旬のあゆ料理をお値打ちに

お召し上がりいただけます。

突き出し・刺身・赤煮
酢炊き・塩焼き・魚田
香の物・雑炊・デザート